シャンパンとは!?

はてな

”シャンパン”や”スパークリングワイン”をギフトとして考えている場合、”シャンパン”や”スパークリングワイン”について知っておきたい方も多いはず。

ということで、このページでは、”シャンパン”について、簡単にまとめています!

1.シャンパンとは!?

ラミアブル

シャンパンとは、スパークリングワインの1種。フランスのシャンパーニュ地方で造られ、フランスのワイン法の条件を満たした、一部のスパークリングワインのみが”シャンパン”と呼ばれます。

>>スパークリングワインとは!?

ちなみに、当サイトでは分かりやすいように、”シャンパン”のことを”シャンパン”と呼び、それ以外のスパークリングワインを”スパークリングワイン”と呼ぶようにしています。

Topへ戻る

2.シャンパンの見分け方

モエ・エ・シャンドン

シャンパンの見分け方はとーーーーっても簡単!バンザーーイ!

 ”シャンパン”のラベルには、必ず”Champagne(シャンパーニュ)”という記載があります。なので、”Champagne(シャンパーニュ)”と記載があれば、それは”シャンパン”!

 

上記の画像では、最上部に金色で”CHAMPAGNE”の記載があることが分かるはず。他にも下記の通り、ラベルに”Champagne(シャンパーニュ)”の記載がありますね!

ランソンシャンパンクリュッグ

逆に、シャンパン以外のスパークリングワインを見分けるのは、結構大変です!

>>スパークリングワインとは!?

Topへ戻る

3.シャンパンの種類!

シャンパンの種類は、下記の通り、色々なカテゴリーで分けることが出来ます!ご興味のあるものからどうぞ!

---目次---

-----

『色』から見る、シャンパンの種類!

目で見て分かるのが、この『色』ですね!

これはシャンパンに限らずスパークリングワイン全般においてそうですが、色で種類を分けると、『白』、『ロゼ』の2タイプがあります。グラスに注ぐと、『白』は、黄金かかったような色で、『ロゼ』はピンク色に見えるのが特徴。

上記の商品画像はドンペリですが、左のドンペリは『白』、右のドンペリが『ロゼ』になります。

ただ、スパークリングワインになると、『白』、『ロゼ』の他にも、『赤』など他の色も出てきます!

Topへ戻る

『ランク』から見る、シャンパンの種類!

ルイロデレールクリスタル

いわゆるランクでシャンパンの種類を分けることが出来ます。ランクは下記の通り!

fa-check”プレスティージュ”シャンパンとは!?

その生産者が造る、最高級ランクのシャンパンのこと!各生産者が最も伝統と個性を出すシャンパンとも言われています。もちろん、価格も高いですね!

熟成期間も5年~7年と長く、それ以上を費やすものもあります。また、このプレスティージュシャンパンのほとんどがヴィンテージシャンパンにも該当します。

ちなみに、ドンペリも、”プレスティージュシャンパン”に該当し、”ヴィンテージシャンパン”でもあります。

>>プレスティージュシャンパン例や、ランクについてもっと詳しく!(オーナーブログ)

fa-check”ヴィンテージ”シャンパンとは!?

一般的にシャンパンは、安定した品質を保つために、様々な年、種類、場所で収穫したブドウで造られたワインをブレンドして製造されます。それが、シャンパンの強みであり特徴でもあるのですが、この”ヴィンテージシャンパン”の場合は、単一年のブドウのみを使って造られます。

なので、”ヴィンテージシャンパン”は、特徴として、その年のブドウの個性が出ると言われています。また、熟成期間は、3年~5年以上。

そして必ず、ラベルにそのシャンパンに使われたブドウの収穫年(”年号”)の記載があるので、見分けるのがとっても簡単!

上記は、ドンペリと同じ生産者のモエ・エ・シャンドン社が造る、”モエ・エ・シャンドン”というブランドの”ヴィンテージシャンパン”!

>>ヴィンテージシャンパン例や、ランクについてもっと詳しく!(オーナーブログ)

fa-check”ノンヴィンテージ”シャンパンとは!?

最も一般的、スタンダードのシャンパンのこと!安定的に各生産者らしさが出るシャンパン。それでも、最低でも15ヵ月の熟成期間が必要とされています。

シャンパンの中では、価格が最も手頃(一部のものを除いて)。そして、ワイン素人さんでも分かりやすく、気軽に楽しめるのがこの、ノン・ヴィンテージシャンパン!

ちなみに、上記商品画像は、ドンペリの生産者が造る”モエ・エ・シャンドン”というブランドの”ノンヴィテージシャンパン”!

>>ノンヴィンテージシャンパン例や、ランクについてもっと詳しく!(オーナーブログ)

Topへ戻る

『甘辛度』から見る、シャンパンの種類!

甘辛度

シャンパンは、上記の通り甘辛度によって種類を分けることが出来ます(画像をクリックすると大きくできます)。現在は辛口が主流ですね!

ただ、ワイン初心者さんで、アルコールがきつくて苦手と言う方は、甘口を試してみると、ワインの捉え方が変わるのでオススメです!

ただ、この甘辛度、日本語訳になると、表記にバラツキが見られて混乱しやすいので注意!例えば、Sec(セック)を、やや甘口としているところもあれば、中口、やや辛口と表記されていることもあります。

>>”甘口” か “辛口” どちらが良いの!?シャンパンの甘辛度と選び方!(オーナーブログ)

Topへ戻る

『生産者別』から見る、シャンパンの種類!

シャンパンを造る生産者は、タイプが下記のように分かれています。

--シャンパンの生産者、種類!--

  1. NM:ネゴシアン マニピュラン
  2. RM:レコルタン マニピュラン
  3. CM:コオペラティヴ ド マニピュラン
  4. RC:レコルタン コオペラトゥール
  5. MA:マルク ダシュトゥール
  6. SR:ソシエテ ド レコルタン

-----

上記の、”1.ネゴシアン マニピュラン(NM)”か、 ”2.レコルタン マニピュラン(RM)”を知っておくと楽しみが増えるはず。

大体の大きな生産者が、上記”1.ネゴシアン マニピュラン(NM)” に該当しています。”NM”は、他からブドウやワインを買い付けて、シャンパンを製造するタイプの生産者。ドンペリの生産者の”モエ・エ・シャンドン社”もこの”NM”に該当します。

”2.レコルタン マニピュラン(RM)”は、逆にブドウの栽培も自身で行い、そのブドウで造る小規模生産者のこと。シャンパンの生産量も限られているため、希少性の高いものが多数存在します。

これらの生産者の見分け方ですが、シャンパンボトルのラベル部分に小さく略称(例えば、"NM"や"RM"など)で記載されていることが多いです。とーーっても小さいので、よーく見ないと気づかないことも!

それぞれの生産者についてもっと詳しく知りたい方は、オーナーブログにまとめているので、よろしければどうぞ!

>>【シャンパンと生産者】生産者のタイプから知る、シャンパン!

Topへ戻る

『ブドウ』から見る、シャンパンの種類!

シャンパン

シャンパンは、異なる年や品種、畑のブドウで造られたワインをブレンドして造られるのが一般的ですが、下記のようにブドウ品種を限って造られるシャンパンもあります。

--ブドウ品種で異なる、シャンパンの種類!---

  • ブラン ド ブラン(Blanc de Blancs)
  • ブラン ド ノワール(Blanc de Noirs)

-----

”ブラン ド ブラン”とは、白ブドウのみを使って造られた、シャンパンのこと。シャンパンの場合は、シャルドネという品種のブドウを100%使っています。

”ブラン ド ノワール”とは、黒ブドウのみを使って造られたシャンパンのこと!ブドウの品種は、ピノ・ノワールかピノ・ムニエ。それぞれ100%か、合わせて100%で造られている場合があるそうです。

見分け方ですが、大体がラベルやボトルに、”Blanc de Blancs(ブラン・ド・ブラン)”や、”Blanc de Noirs(ブラン・ド・ノワール)”の表記があります。

Topへ戻る