Q&A

はてな

ここでは、シャンパンやスパークリングワインをギフトにする上で、ふと浮かぶ疑問をまとめています!

スポンサーリンク
”シャンパン”と”スパークリングワイン”の違いとは!?

”スパークリングワイン”とは、発泡性ワイン全般を意味しています。なので、各国で造られる発泡性ワイン全てが該当します。なので、膨大な種類が存在します。また、国によってスパークリングワインの呼名は異なるので、注意が必要。呼名について興味があれば下記をどうぞ。

>>各国のスパークリングワインの呼名や種類一覧!(オーナーブログ)

”シャンパン”とは、”フランスのシャンパーニュ地方”で造られた、一部のスパークリングワイン(発泡性ワイン)のこと!ボトルには必ず、下記のラベル画像ににあるように”CHAMPAGNE”の記載があります。

クリュッグ

また、”シャンパン”と呼ばれるには、フランスのワイン法で条件が定められています。

なお、”シャンパン”は、他のスパークリングワインよりもブランド力が確率していて、価格も高めになります。

Topへ戻る

贈り物、シャンパンとスパークリングワインどちらが良い!?

下記の質問に1つでも”はい”があれば、”シャンパン”をオススメします。

  • お祝いの贈り先様は、目上の人ですか?
  • 公式な場での受け渡しですか?(会社行事、結婚式や披露宴、公の場)
  • 特別お祝い事ですか?(定年退職祝い、結婚祝い、特別な記念日や誕生日等)
  • 手っ取り早くお祝いの品を選びたい!

 

逆に、下記質問に”はい”があれば、”スパークリングワイン”がオススメ。

  • 予算が3000円以下ですか?
  • お祝いは友人間での手渡しですか?
  • お祝いを手土産として持参しますか?
  • フランクな場(友人宅やカジュアルな場所)や状況でお祝いを渡しますか?

 

ただ、予算でどちらが良いのか大体決まってしまうかなと思います。シャンパンは大体3000円後半から見つかるはずですが、3000円代だと、種類はあまり選べません。ラッピング料や送料含めると4000円超えてしまうことが多いと思います。

ただ、どうしてもシャンパンの方がブランドのイメージが浸透していることもあって、『高級さ』というイメージにおいては有利な気がしますが、スパークリングワインでも全く問題なし!十分ステキなギフトになります。

もっと詳しく知りたい方は、下記をどうぞ。

>>お祝いに"シャンパン"と"スパークリングワイン"、どちらが良いの?シャンパンとスパークリングワインのメリット、デメリット!(オーナーブログ)

Topへ戻る

シャンパンやスパークリングワインの甘辛度、どう見分けるの!?

大体のボトルには、日本語で甘辛度を表示しているものが多い気がしますが、下記のような甘辛度があります。クリックすると大きな画面で見ることが出来ます。

甘辛度に関してはボトルに表記されていることがほとんど。例えば、下記はシャンパンの画像ですが甘い枠で囲った部分に”DEMI-SEC(ドゥミセック)”という記載があるのが分かります。この表記から、”甘口”ということが分かります。

シャンパンラベル

もう1例、今度は下記のスパークリングワイン!これも、赤い枠で囲った部分に”BRUT(ブリュット)”という記載があるのが分かります。この表記から、”辛口”ということが分かります。

スパークリングワインラベル

Topへ戻る

 

正規品、並行輸入品とは!?

オンラインショップで、シャンパンやスパークリングワインを探していると同じブランドの同じ銘柄なのに、価格差があることに気づきます。その価格差の違いは大体が、”並行輸入品(並行品)”か”正規品”かの違い。並行輸入品の方が、正規品よりも若干安くなります。

  正規品とは、その表記の通り、正規のルートを通ってきたもの。例えば、ドンペリであれば、正規輸入販売元は、″MHD(モエ ヘネシー ディアジオ)″というところ。なので、正規品のドンペリであれば、その輸入販売元を通して輸入されたドンペリになります。

並行輸入品とは、輸入が正規販売元を通っていないということ。個人や団体で独自に輸入したものが該当します。

 

上記のように説明すると、並行輸入品だと劣っている印象になりがちですが、そうとは限らないんですよね。

正規品は、品質が保たれているという安心感がありますが、並行輸入品で品質が同じように保たれている場合は、並行輸入品の方が安くてお得ということ。

個人的には、並行輸入品をこれまで数多く購入してきましたが、不良品やハズレは一度もありません。ただ、目上の方へのギフトや、絶対に失敗したくないギフトであれば、正規品の方が安心感はあると思います。

Topへ戻る

ラッピング対応の良いショップは!?

これまで利用してきて、リピートしているのは、酒類の総合専門店 フェリシティーさん。全般的な梱包はラッピング対応がとても丁寧で、直接贈り先様に贈る場合はとても安心できるので、気づいたらリピートしています。

>>フェリシティさんを利用した際に購入レポ!(オーナーブログ)

また、ヴェリタス〜輸入直販ワイン専門店さんの下記の簡易ラッピングがとにかく素敵でリピートしています。

簡易ラッピング

>>ヴェリタスさんを利用した際のギフト購入レポ!(オーナーブログ)

Topへ戻る

シャンパンが欲しいけれど予算が足りない、どうする!?

実は、有名シャンパンを造る生産者が手掛けるスパークリングワインが存在します。とってもリーズナブルに購入できるのと、話題性があるので、贈り物としてはオススメです。

例えば、モエ・エ・シャンドンという有名なシャンパンがありますが、この生産者がフランス国外で造るスパークリングワインが下記の”シャンドン”というスパークリングワイン。

このように、有名なシャンパンメーカーと関連のあるスパークリングワインが複数あります。下記に一覧をまとめてあるので、宜しければ参考にしてみて下さい。

>>予算オーバーな時に選びたい!高級シャンパン生産者が手がける、スパークリングワイン一覧!(オーナーブログ)

Topへ戻る

ネットショップ、実店舗、どちらで買うのが良い!?

手土産で、その日に購入してそのまま持参するようであれば、実店舗がオススメですね!

それ以外であれば、個人的にはネットショップをオススメします。理由は下記の通り。

ネットショップがオススメの理由!
  • 欲しい発泡性ワインが実店舗にあるとは限らないから
  • シャンパンやスパークリングワインは重く、持ち運びが負担だから
  • ゆっくり、気兼ねなく探したいから
  • ギフト対応や包装の種類をあらかじめ確認できるから
  • 劣化の原因になる高温の時期は、クール便で配送してくれるから
  • 価格を比較できるから外出しなくて良いから
  • ショップ評価を確認できるから

 

以前までは実店舗でないと、ワインのプロの方に相談できないと思っていましたが、今はネットショップでもメールや電話で相談に乗ってくれるショップが多々あります!

>>どのネットショップを選べば良いの!?ネットショップを選ぶポイント3つ!(オーナーブログ)

Topへ戻る

パーティの準備!シャンパンやスパークリングワイン何本用意したら良いの!?

1人何杯飲むかにもよりますが、フルボトル(750ml)を2人で飲もうとすると、フルートグラスで1人3杯くらいと考えると良いと思います。フルートグラスとは下記のようなグラス。

シャンパンと海

3杯も飲めば、普通の方であれば酔いが回ると思います。1人フルートグラス1杯で良いのなら、6人以下であれば楽しめるはず。

下記に、グラスに応じて1人1杯飲むと考えて、人数に応じて何本用意したら良いか目安を表にしてまとめてあるので、参考にしていただければと思います。

>>パーティ、シャンパン何本あったら足りる?【シャンパンボトルの種類と人数、重さの関係】(オーナーブログ)

Topへ戻る

シャンパンのランクとは!?

簡単に説明すると、下記のようなランクに分けることが出来ます。

【ランク名】 【説明】
"ノン・ヴィンテージ" 一般的なスタンダードシャンパン。様々な収穫年やブドウ品種、畑のブドウから造られたワインをブレンドしているもの。熟成期間は最低でも15ヶ月が必要。
"ヴィンテージ" 単一年に収穫されたブドウのみを使って造られるシャンパンのこと。その年のブドウの個性が出ます。熟成期間は、3年~5年以上。

見分け方は、簡単。ラベルに年号の記載があれば、その年のブドウを使っていることを意味し、ヴィンテージシャンパンに該当します。

"プレスティージュ" 各生産者の最高級シャンパンを意味します。熟成期間は5年=7年以上。このランクのシャンパンの大体が、ヴィンテージシャンパンに該当します。

 

Topへ戻る


贈り物、”辛口”と”甘口”どちらが良い!?

現在の主流は辛口ですが、贈り先のタイプによって甘口が良い場合もあるかなと思います。下記に”辛口がオススメなタイプ”と”甘口がオススメなタイプ”を分けてみたので、参考にしてみて下さい。

なお、”甘辛度”の種類や表記については、こちらでご確認下さい。

 

”辛口”がオススメなタイプ!
  • スイーツは食べない
  • 王道や伝統が好き
  • カクテルや甘いお酒は飲まない

 

”甘口”がオススメなタイプ!
  • 甘党、スイーツが大好き
  • カクテルや甘いお酒を好んで飲んでいる

 
Topへ戻る

スポンサーリンク